狭山・境緑道 
 
 サザンカ
 ♪さざんか さざんか 咲いた道〜
子どもの頃のようには
焚き火はできなくなりましたが・・・。
今冬の代表的な花
白やピンクのサザンカが楽しめます。

狭山・境緑道で12/18撮影
 

 狭山・境緑道
カキの実
狭山境酷ケに面したタケノコ公園の
カキノミが鈴なりです。
遊具で遊ぶ子供たちの上に
降るようになっています。
もう少しすると鳥の餌になるのでしょうか?
とても美味しそうですがねぇ〜。

2007/11/25

    狭山・境緑道
ドライのアジサイ カレハ
狭山境緑道で初夏に咲いた
アジサイの花びらが
ドライフラワーになっています。
枯れた渋い色も又楽しめます。

2007/11/25
自転車道のサクラやエノキ
などが紅葉しました。
両側のドウダンツツジの上に
落ちて秋景色を演出しています。

2007/11/25

   狭山・境緑道 
コウテイダリア
皇帝ダリアと書きます。
4メートル近くまで伸びる立派な姿から
この名がついたそうです。
花の色は紫を帯びたピンク
茎は直径7〜8センチ位太くなります。
竹のように中は空洞なので
折れ易く強い風は大敵。

11月22日薬用植物園にて開催された
観察会では青空に映える
見事な花が鑑賞できました。

狭山境緑道の
花小金井6丁目十字路に咲いている
皇帝ダリアです。
やはり3メートル近い高さですが
花が下を向いているので
近くで観賞できます。
花の大きさも10cmくらい。
日照時間が短くなると咲く短日植物で
霜が降りると枯れてしまいます。
今が見頃です。

2007/11/25撮影


**** 春に見つけたニシキギ科3兄弟! ****
(5/8花アップ・6/16日青い実アップ)
やっと熟した実が勢ぞろい?と思ったら、
ツリバナは既に終わりかけていました(-.-)
今はニシキギとマユミが見頃です。
落葉したら鳥達が一斉についばむでしょう。
今が美しい実を楽しむチャンスです。(11月8日)


玉川上水  
ニシキギの実
ニシキギは、秋の紅葉が美しい樹木で
その姿が豪華な錦の織物のようなところから
その名がついています。
この時期葉はまだ緑ですが
可愛い実が目を楽しませてくれます。
鷹の台橋から西側に多く見られます。

2007/11/08撮影

  玉川上水 
マユミの実 ゴンズイの実
昔、弓を作ったというマユミ
硬いがしなる木
春の目立たない花に比べ
実は存在感充分!
赤い種が顔を出しています。
今年は実付きが良く
玉川上水を歩いて
あちこちで楽しめました。

2007/11/08撮影
遠くからハッ!と目を惹く
赤と黒のコントラストが見事
今、頭上に鈴なりです。
やはり秋が主役の木(?)
折れやすく、役に立たないので
ついた名前が
食べられない魚のゴンズイとか
新小川橋近くで

2007/11/08撮影


   玉川上水 
ガマズミの実 ムラサキシキブの実
里山に迷い込んだ(?)
そんな気分にさせる
ガマズミ
果実酒にすると
透き通った赤いきれいな
健康酒ができます。

小川橋東側で

2007/11/08撮影
玉川上水で多く見られる
ムラサキシキブ
平安時代の紫式部に
なぞらえた清楚であでやかな
実が今見頃です
「陽の当るところは
より色鮮やかね」と
散歩中の方と立話を。

2007/11/08撮影


タマスダレ
新小金井街道東の花壇に
今年の二度目のタマスダレが満開
散歩する人達の眼を惹いています。
花街道部が手入れしている
花壇の一つ。
他に花小金井駅前などがあります。



2007/10/17撮影


作業中の花街道部のメンバー アマクリナムとカンコちゃん
狭山・境緑道
新小金井街道東の花壇は
花街道部のメンバーが整備
しています。
散歩する方達に楽しんで
もらえるようにと
季節の花をいつも
咲かせていています。

207/10/17撮影
アマリリスとハマユウの
雑種の花
アマクリナム
秋空に映える爽やかな色で
今が見頃!
天神町のお猿さん
「カンコ」ちゃんも花が大好き!

2007/10/17撮影


玉川上水  
ツリバナのミ
5月可憐な花を咲かせていたツリバナ
やっと実が色づき始めました。
木の実の芸術的な造形に驚き
目を惹き付けられます。
ニシキギの仲間達、
花は同じ時期に一斉に咲きましたが
実が熟すのは差があるようです。
マユミはまだ青く固い実でした。

2007/10/4撮影


玉川上水  
ヒヨドリジョウゴのミ
7月12日に可愛い花を撮影した
ヒヨドリジョウゴ
この時期は赤い実が
緑の玉川上水を彩っています。
花は余り見つける事ができなかったのですが
赤い実は遠くからでも目立ち
あちこちで見つけました。


2007/10/4撮影


玉川上水  
ヒガンバナ
お彼岸を少し過ぎていましたが
玉川上水のあちこちに彼岸花が
きれいに咲いていました。
雑木で暗い上水を背景に鮮やかな姿を。
曼珠沙華など別名1000ほどとか・・・。
子どもの頃はお墓に咲く花と
思っていましたが、私の田舎だけかしら?

2007/9/28撮影


コナラのミ ハゼのミ イイギリのミ
雑木林といえば
コナラ
今年はどこの木も
ドングリがいっぱい!
もう色づいた実も
狭山・境緑道で

2007/9/20
山の紅葉で
一際目立ハゼ
一枚だけですが
赤く色づいています。
実もこぼれるほど
狭山・境緑道萩山駅東

2007/9/20
ブドウの房のように
鈴なりの実
晩秋に葉が落ちると
赤くなった実が
遠目にも目立つように
狭山・境酷ケで

2007/9/20


ホトトギス
ひっそりと咲くホトトギス
秋の訪れを教えてくれる花
自転車に乗っていても
何故か通り過ぎることが出来ない花
緑の葉に映える紫の
濃淡が魅力的です。

狭山・境道小平駅東側

2007/9/10


ホウセンカ ケイトウ
夏休みの終わり頃
よく見かけた
懐かしい花
膨らんだ実に触れて
弾ける種を飛ばして
遊んだ事も。
狭山・境酷ケで 

2007/9/10
昔はどこの家の庭にも
咲いていた
鶏の鶏冠(とさか)
の形をした
鶏頭の花
最近見かける事が
少なく懐かしさが
狭山・境緑道で

2007/9/10


ムクゲ サルスベリ
狭山・境酷ケの西
萩山駅の西側に
ムクゲの花の並木が
1日花でも次々に咲くので
いつもきれいな花が
楽しめます。

2007/9/10
今年も?今年は?
サルスベリの花が元気!
実がついた枝を落とすと
また新しい花芽が
そして花が咲き始めた
との話しも。

2007/910


ワルナスビ ヤブカラシ
例年通り、夏草として
刈られた後に
又伸びて元気に花が。
漢字で「悪茄子」、英語で
Devil's tomato 悪魔のトマト!!
根を抜いても抜いても
蔓延るからとか
可愛い花が何か気の毒

2007/9/20

ヤブまで枯らしてしまう
何と生命力の強い草!
この名前も納得、
春先花壇で見つけると
まず抜いてしまうのですが
この時期道路脇で見ると
可憐な花がいっぱい。
嫌われ者兄弟でした。

2007/9/10


  玉川上水  
センニンソウ ハギ
玉川上水を歩いていて
白い花の群生が眼を引きます
別名に、ウシノハコボレ、
これは牛が牧草といっしょに
食べてしまうと歯が抜けてしまう
ことからとか、
有毒植物といううことです。
忘れられない名前になりそう。

2007/9/4
秋の七草のハギ
ヤマハギ?宮城のハギ?
鮮やかな緑の葉に
薄紫の花が可憐に。
この花を見ると
秋だなぁ〜と思う
万葉集に一番多く
詠まれたのも納得

2007/9/4


    玉川上水  
チカラシバ カゼクサ ススキ
イネ科の雑草
抜こうとしても
根が張って
抜けないので
強い力が必要から
この名がついたそう
隣に秋を惜しむ
蝶がアザミの花に

2007/9/4
同じくイネ科
風に吹かれ
揺れる姿からと
何とも手軽な名前
見過ごしそうな
花?雑草?

2007/9/4
秋の代名詞ススキ
こちらもイネ科
玉川上水の
野草ゾーンで
一際背が高く
美しい姿を
子供の頃の十五夜
の飾りを思い出す

2007/9/4


  玉川上水  
コバギボウシ ツリガネニンジン
玉川上水の野草ゾーンは
オカトラノオの群生から
コバギボウシへ
淡いムラサキが
爽やかです。

2007/8/9
見落としそうな
可憐な釣鐘状の花です。
歩道面の夏草が
野草と共に一斉に
刈られてしまい(>_<)
奥でちょっと目立ちました。

2007/8/9


  玉川上水  
キツネノカミソリ ヤブミョウガ
「玉川上水に木漏れ陽を・・・」
とボランティが整備
その成果でしょうか?
何時もの夏より
多くの場所で見かけます。
葉の繁った雑木の根元で
色鮮やかでした。

2007/8/9
藪に生えるから
ヤブミョウガだそう。
今年も何時もの場所に
群生していました。
確かに葉はミョウガ風
でもツユクサ科
秋になるときれいな
青紫の実がなる。
2007/8/9


  玉川上水  
ウバユリノツボミ ウバユリ

玉川上水で
始めて見る植物
蕾を持っているので
どんな花が咲くのか
楽しみ。


2007/7/25
玉川上水にて撮影
左の蕾が開花
4〜5年ぶりに咲いた
ウバユリの花
ウバユリの和名は
「姥百合」であり、
花が咲く頃には根生葉(歯)が
なくなるからだそう。

2007/8/4撮影


  玉川上水  
メヤブマオ オニドコロ
カラムシかと思っていたが
メヤブマオと聞きなれない名
白い目立たない花でも
梅雨空の下、群生しているので
目が向いてしまう。
玉川上水にいっぱい

2007/7/25
玉川上水のフェンスに
絡まった満開の白い花は
柔らかく触れてみたい風情
秋には面白い形の実が楽しみ。
漢字では鬼野老と書くそう。
書けない、読めない(-_-;)

2007/7/25


玉川上水  
ミズヒキソウ
可愛い可愛い小さな花が
長い茎に点々と付いて
スキッとした絵になる花
花は上からは紅
下からは白に見えるので
ミズヒキソウという名が。

2007/7/25



   玉川上水 
ヤマユリ
梅雨の玉川上水のあちらこちらに
ヤマユリの花が咲いています。
ユリの女王らしく、暗い樹木の下でも一際目をひきます。
田舎ではイノシシが球根を食べてしまう被害が
ここ玉川上水では咲いた花が持ち去られます。
猪にとっては死活問題でしょうが、
ここに咲くユリは、きっと多くの人に見られたいのでは?
途中から切られたヤマユリが多く見られます(>_<)

久右衛門橋から桜橋まで

2007/7/13


    玉川上水  
アキノタムラソウ メハジキ チダケサシ
名前はアキ(?)でも
この時期がきれいな花
シソ科なので
シソの花に
似ていますが
群生している姿は
梅雨時に爽やか。

野草観察ゾーンで

2007/7/13
初秋の花メハジキ
咲いていました。
草高があり目立ちます。
古くから草を乾燥させ、
婦人薬として使われたそう。

野草観察ゾーンで

2007/7/13
白から淡紅色への
グラデーションで
柔らかい雰囲気が。
夏草の茂った中で
辺りを明るくしています。

野草観察ゾーンで

2007/7/13



    玉川上水  
ヘクソカズラ ノアザミ ハナゾノツクバネウツギ
見過ごしてしまう小さい花
でも名前を知ってからは
必ず目が行くように(^^ゞ
釣り鐘状の可愛い花だと
改めて気がつきます。

玉川上水のフェンスで

2007/7/13
春からずっと咲いています。
ノハラアザミとの違いは
花の下部にある総ほうから
粘液物質が分泌されるそう。
今度は触って確めましょう。

野草観察ゾーンで


2007/7/13
生垣に多くみられます。
刈りこみに強い花。
雨の中、可憐に咲いていて
目立ちました。

玉川上水久右衛門橋東で

2007/887/13


玉川上水  
ヒヨドリジョウゴ
緑濃いこの時期は目立たないが
こんな爽やかな色と姿の

ヒヨドリジョウゴ
の花
山でもめったに見かけないので
得をした気分に(^^ゞ


秋は枯葉の中に小さな赤い実
見つけて感動することが。
和名の由来はヒヨドリが好むとの意味らしいが
実には毒があるそう。
商大橋近くで

2007/7/12


玉川上水  
タマアジサイ
開きかけている
タマアジサイの花
ヤマアジサイガクアジサイより
遅咲きで、今頃から楽しみ。
しっかりした苞に包まれている
蕾からはきれいな花が
想像つかず驚きます・・・・。
小松橋の東側で。

2007/7/12


◆◇◆玉川上水では今、アジサイの花の饗宴が見られます。◆◇◆玉川上水 
  2007/6/16・玉川上水商大橋東側で撮影


玉川上水  
ムラサキシキブ
「優美な紫色の果実を才媛紫式部の
名をかりて美化したものである」とか。
玉川上水に多い木の一つ。
春の花が実になってしまったこの時期
柔らかな花が目立ちます。
名前のような、秋の紫色の実が楽しみです。

2007/6/16


    玉川上水  
ツリバナの実 ニシキギの実 マユミの実
実のトリオ−1
可愛い実を
つけている
ツリバナ
花の様に良く見ないと
見落としそうな
小さな実です。

2007/6/16
実のトリオ−2
やはり5月初旬に
可憐な花を
つけていた
錦木
羽の様な実です。

2007/6/16
実のトリオ−3
一番目立つ大きな実
花は地味でしたが・・・。
四角い形は
秋開いた時が楽しみ。

2007/6/16


  玉川上水  
オカトラノオ ノカンゾウ
梅雨入りしたのに
一気に夏の陽射しに(-_-メ)
そんな玉川上水の野草観察ゾーンに
群をなして咲いているのは
野草好きでなくても感動。
花の先が垂れ下がるように咲くので、
これを虎の尾に見立てたのが
名の由来とか。

2007/6/16
緑の草が覆い茂った中で
ユリの花に似た
一際目をひく色
1日しか咲かない花
今が見頃
商大橋から桜橋までの
野草観察ゾーンで。

2007/6/16


ホタルブクロ コヒルガオ ヨウシュヤマゴボウ
園芸店で見かける
カンパニュラの花
の仲間。
野に咲いているのは素朴
釣り下がった花の中に
蛍を入れたのか
蛍が蜜を吸いに入ったのか?

2007/6/16
この時期色んな場所で
咲いている
アサガオのような花
ツルが伸びて
ヘクソカズラに巻きつき、
あたかも一つの
花ののよう。

2007/6/16
アメリカ原産の
帰化植物
赤黒い実がつくと
夏が来たと感じる。
ゴボウと言っても
根には毒が有り
食べられない

2007/6/16


ムラサキツユクサ ハナアオイ
鮮やかな紫が
朝露を乗せて更に映える

午後には萎んでしまう
1日咲きの花
茎からスッと伸びる
細長い葉の形も良く
一輪挿しでも
絵になる。

2007/5/27
大輪なので目を惹く花
境、狭山緑道の
花小金井駅東と
新小金井街道近くの
日当たりの良い場所で
サクラの大木が覆う
タケノコ公園付近では
まだ蕾の状態です。

2007/5/27



シロツメクサ スイセンノウ
葉が4枚付いていたら
幸運の
四つ葉のクローバー
一生懸命探して
ノートにはさんでいた時期も
ありましたっけ。

2007/5/27
別名フランネルソウ
葉や茎が柔らかい
白毛で覆われて
フランネルの風合いに
似ていることからとか。
自転車道のあちらこちらで

2007/5/27


  玉川上水  
カモミール畑
玉川上水の小川橋の近く、
遊歩道に面した畑には今を盛りに
カモミールの花が満開です。
りんごに似たフルーティな香りは印象深く、
その効能は鎮静作用、リラックス効果があると言われ人気が。
花畑に立ち入ると、摘み立てのカモミールティーを淹れてくれました。
先客とお喋りしながらの思いがけないティータイムです。

摘みたてのカモミールは一袋100円です。
やはり一束100円の
カモミールの花束もおみやげに
夕食後もう一度ハーブティーが楽しめそう♪

2007/5/22


アジサイ
花屋さんの店先の
写真ではありません。
玉川上水で
今年一番早く咲いたアジサイ
この近くには
タマアジサイ
多く見られます。
平櫛田中館の南側で

2007/5/19


ガマズミ ゴンズイ
秋の野山で
紅い実といえば
このガマズミ
白い花の多い
今の玉川上水では
余り目立たない存在。

2007/5/19
材が柔らかく
何にも使えないから
役に立たない魚
ゴンズイからついた
名前とか
赤と黒の魅力的な
実がなるのですが。

2007/5/19


花いっぱいの花壇
早春
スイセンの花が咲いていた
新小金井街道と自転車道の
交差する地区に
ボランティアの手によって
育てられています。

5/17
ナガミヒナゲシ ザクロの花
風にそよぐ繊細な姿を
街中でも見かける
ナガミヒナゲシ
実が長いので
ナガミとついた名前
意外に
繁殖力は強いそう。

2007/5/14
鮮やかな緑の葉に
映える真っ赤な花
皮が割れてのぞく
ルビーのような
秋の実を想像すると
口の中が甘酸っぱく。

2007/5/14


クワの実 ハナズオウの実 カンヒザクラの実
今年は色んな
木の実が豊作?
小平に多い
桑の木の実
もうすぐ食べごろに
自転車道で

2007/5/14
4月中旬満開だった
ハナズオウ
今は実がいっぱい
葉もハート型がくっきり

2007/5/14
自転車道を歩いていると
足元に赤い実が
いっぱい落ちています。
見上げるとまぁ!
ここも鈴なり。

2007/5/14


ハコネウツギ カルミア
一本の木に
白と紅い花が?
最初は白く
だんだんピンク系に
変化していく
珍しい花です。
萩山駅東側で

2007/5/14
アメリカシャクナゲ
の別名が。
尖った蕾が可愛く
更に開く時は
ポッ!ポッ!ポッ!
と音が
聞こえそうな花。

2007/5/14


エゴノキの花 ピラカンサ
エゴノキといえば玉川上水
でもこれは自転車道
特にふるさと村の近くに
満開の花のトンネルが。

2007/5/14
秋になるとびっしりと
赤い実がなる
ピラカンサ
今は小米のような白い花が
目をひきます。
萩山駅近くで。

2007/5/14


  玉川上水  
ノイバラ コゴメウツギ
刺がありますが
野に咲く清楚なバラ
茎は多物に寄りかかって
のぼるそう。
白い花の多い玉川上水で
目を引く花です♪

2007/5/8
ウツギに似た小さい花を
小米に見立てたそう
でもウツギの仲間ではなく
バラ科
小さいながらも
五つの花びらがきちんと。
小松橋付近で

2007/5/8


秋の赤い魅力的な実は今こんな花を咲かせています。玉川上水 
ツリバナ ニシキギ マユミ
その可憐さに
思わず歓声
をあげるほど
小さな小さな
淡いピンクの花
津田塾の南側

2007/5/8
紅葉の美しさで
知られている
錦木
春はこんな花を。
4つの花びらが特徴。
玉川上水の
あちらこちらに

2007/5/8
三つとも
同じ
ニシキギ科
花は一番地味
でも秋の赤い実の
割れて木に下がる
形は一番可愛い

2007/5/8


  玉川上水  
ガクウツギ(コンテルギ) マルバウツギ
新緑がまぶしい
小松橋付近で
ヤマアジサイに似た花を!
ウツギと葉茎が似ているため
この名が
アジサイの仲間です。

2007/4/27
う〜の花の〜
匂う垣根に〜♪
ウツギと共に歌われる花
新緑の玉川上水で
今が見頃

2007/5/8


夏の花ゼニアオイ
小平駅の西側に
咲いていました。
丈夫な花ですが
時々寒いこの季節に!
暖冬の影響がここにも。

2007/4/10
ゼニアオイ


ハナズオウ シロヤマブキ
タケノコ公園の東側で
幹に直接花がつくので
柔らかさはないのですが・・・。
一つ一つの花は可愛い。
大きくなった
葉はハート型
そこが好きという人も。

2007/4/10
萩山駅の東に
この花を見つけて
ハッとしました。
余りにも清楚な感じで。
ヤマブキとは花びらの数も
葉も違いますが。
実の付く頃また行って
みたいと思います。

2007/4/10


カラスのエンドウ シャガ セイヨウジュウニヒトエ
春らしい葉と花の
コントラストがきれい。
カラスとは?
実の色が黒くなる事から
ついた名前だそう。
狭山・境緑道で。

2007/4/10
花が溢れるこの季節に
ちょっと地味な花。
一輪活けると
その美しさに
改めて気が付くのですが
持ち帰ってはだめ(>_<)

2007/4/10
花が重なって咲く様を
宮中の女性の
十二単衣に見立てた。
自転車道にて
屈みこんで撮影。

2007/4/10

  玉川上水  
春先の玉川上水では
花の競演が始まっています。
今日嬉しい発見をしました。
ウグイスカグラ(鴬神楽)の
木がいっぱい見つかり
それぞれが繊細な紅い花
を咲かせていました。
昨年秋、
「玉川上水に木洩れ日を」
のメンバーが篠竹を刈って
整備した付近でです。
陽が当って
元気になったからでしょうか。
久右衛門橋から小松橋

2007/3/24
ウグイスカグラ

    玉川上水  
ニリンソウ クサボケ ヤマブキ
玉川上水の野草ゾーンに
たくさんの
ニリンソウ
咲いていました。
春先広葉樹林の林床に
好んで生えるそう
コナラなどが繁る前の
今が見頃。

2007/3/24
枯葉の中に
鮮やかな花を見つけました。
地を這うように咲く
クサボケです。
地方ではシドミとも言うそうです。
玉川上水小松橋付近で。

2007/3/24
絵の具にもある
鮮やか黄色の花
太田道潅の話は八重
この一重の花には
ちゃんと実がつきます。
久右衛門橋東側で

2007/3/24


オオイヌノフグリ ヒメオドリコソウ
道端や田圃の畦で
この花を見つけると
春の訪れを感じる。
名前の意味ははエッ?!
と思うがそのフグリの意味
すら今は分からないかも・・・。
花の寿命は1日
でも群生して咲くので
いつも満開で楽しめる。
狭山・境緑道の木の下に。
2007/3/8
オドリコソウの花は
笠をかぶった踊子の様
その花より小さいので
ヒメオドリコソウ
この花を指して
「踊子のかんざしみたいでしょ」と
教えてくれたのが
一番好み(^^ゞ
やはり狭山・境酷ケの
あちらこちらに咲いている。
2007/3/8


ショカッサイ ノゲシ
中国の諸葛公明が野菜不足の
対策に種を蒔かせたことからとか。
他には
ハナダイコンとも。
春になるとあちこちで咲く
のですが今年は早い!
成長が間に合わなくて
いつも30cmくらいの丈ですが
今年は10cmくらいの丈で
もう咲いています♪
狭山・境緑道で
2007/3/8
タンポポ?!と思うのですが
ノゲシです
花の付き方
(一本の茎に花が幾つか付く)
が違うので
タンポポと見分けられます。
まだ丈が低いので間違えそう。

萩山駅北側の道端に

2007/3/8


お雛祭りに飾る
ハナモモ
花屋さんで切花
をが例年の事
今年は暖冬で
もう咲いています。
実は小さいですが
花は見事。
萩山駅北側で。

2007/3/8
ハナモモ


木瓜?
確かにウリのような
実がなります。
ボケ
あまり言われたくない言葉。
名前はともかく
中国原産のこの花
花びらがしっかりした
きれいな花です。
狭山・境緑道

2007/3/8

ボケ(木瓜)



狭山境緑道の道端で
鮮やかな色が目をひきます。
カタバミソウ
雨の日や夜は
昆虫が寄ってこないので
花びらを閉じる賢い花。
4月〜5月の花ですが・・・。
ここでも暖冬を感じます。

2007/2/1
イモカタバミソウ


清らかに咲くスイセン
原産は地中海沿岸。
寒い季節この花を見つけると
春の訪れを感じ嬉しくなります。
狭山境緑道と新小金井街道の
交差地点に作られた花壇で
通る人たちを
楽しませてくれています。

2007/2/1
スイセン


ウメの花 ヤブツバキ ヤツデの花
春告げ草との別名を持つ
ウメの花
楚々とした風情の白梅は
古代から好まれ万葉集にも。
暖かい今年の春は
早く開花しました。
萩山駅の北側で。

2007/1/30
日本の在来の野生種である
ヤブツバキ
花のすくないないこの時期
鮮やかな紅が目をひきます。
狭山境緑道の所々で
見られます。

2007/1/30
他の花が少ない時期に
あえて咲くのは
地味な花でも、
花粉の媒介者である
昆虫を呼び寄せ、
子孫を絶やさない様にと。
背景にサザンカの花

2007/1/30


 
2016年の花だより
写真はこちらから

2015年の花だより
写真はこちらから
2014年の花だより
写真はこちらから
2013年の花だより
写真はこちらから

2012年の花だより
写真はこちらから
  2011年の花だより
写真はこちらから
2010年の花だより
写真はこちらから

2009年の花だより
写真はこちらから
 
2008年の花だより
写真はこちらから
2007年の花だより
写真はこちらから


 トップへ