多摩ら・び 46号
小平市民による
小平特集

10月15日発売!
多摩地域の書店にて

7月、8月の長雨、猛暑の中、
小平市民がカメラとメモを片手に
市内をコゲラのごとく飛び回り
取材をした結晶です。

小平に住んでいるからこそ伝えられる
とっておきの情報の数々。
<内容>
特集小平
 “住・遊・学・食
    すべて満たしてくれる屋敷林のまち”


駅から訪れる小平、10の駅の界隈

小平市民による「手前みそ大作戦」

こだいら人物館
人・街、大好き 小平ヒューマンストーリー

元気な農家達
新しい世代へつなぐ小平の農業

玉川上水のスポット紹介
ベビーカーや車いすにもやさしい散歩道

小平キャンパスライフ

・小平の鉄道 今昔物語
・武蔵野台地の糧うどん
 『多摩ら・び』は、多摩信用金庫が企画し、隔月(偶数月)に発行している書籍扱いの雑誌です。
                                   定価500円[本体価格476円]
 企画:多摩信用金庫
 発行:株式会社多摩情報メディア 多摩らいふ倶楽部事務局
 編集・販売:株式会社けやき出版
・小平特集号では、小平グリーンロードも紹介されています。
・8月に行われた、小平グリーンロード灯りまつりの記事も掲載されています。
・小平の魅力を余すところなく紹介した、『多摩らび』46号は、グリーンロード推進協議会のメンバーも
レポーターとして取材に協力しました。

★レポーターから一言★
テーマのキャッチコピー、「住・遊・学・食 すべて満たしてくれる屋敷林のまち」、の「屋敷林」
小平グリーンロード
をイメージしてつけました。
この本を片手に、多くの方が小平を訪れ、緑道に囲まれた人々のくらし、その温かさに触れていただけ
たらと願っています。